出かけたついでに、好きなパン屋さんに行って
パンをいくつか買って帰ってふと、気が付きました。
パンの袋を留める針金。 
ビニールタイ、という名前のもの。
その先がちょっと曲げられていて、お店の人の 心配り。
以前はこうでは無かったような。
担当してくれた方の気遣いかな。
IMG_3930
ちょっとしたことだけど、
先端がチクチクしないようにということなのでしょう。
どのパンもそうやって留まってました。
パンも美味しいし、お店の雰囲気もいいし
人も感じが良い好きなお店です。
 
『感じの良い』人っているものだ。
雰囲気が良い人。
まるで美味しいパンの香りのような。

また会いたいなとか、元気かなって
思い出したりする。

ずっと昔、職場に山登りが趣味の人がいて、
内側から健康で生命力が輝いているようだった。
ご夫婦仲良しで近々山登りの計画があるから
今日は歩いて帰る、とか言って
結構な距離を歩いて帰ったりしていた。
賢くオシャレで、チャーミングな人だった。

今ではセクハラっぽくて考えられないことだけど
当時、子供は作らないの?と、聞いた人がいて
『ほしいけど出来ないんですよ』
と、笑顔で答えていたのが印象深い。

ご主人の転勤に伴い寒い地域に引っ越してから
今はどの山を歩いているのかな。

彼女が年賀状に書いて来てくれた言葉、
「人生なんとかなる!」
最近よく心に浮かぶのです。

本気の山登りで何度か死にそうになってた人だから
『なんとかなる』っていう言葉が
様々な色を帯びて感じられるのかもしれません。


ここのところ、友人知人と話した時に
一番ツライのはすることが無い、ということかも
という話題が出ました。
自分が心からやりたいことが無かったり
人任せだったりするのは寂しいだろうな。
本気になれることがあるのは本当に幸せです。

人生折り返し地点を過ぎてもまだまだ
広がっていくような気持ちでおります。
まだ夢も途中なのです。

ささやかな幸せに気が付きたい。
パンのビニールタイの誰かの気遣いのような。
幸せはいつも近くにあるから
気付くか気付かないかの違いだけだな、と
常に思います。
感謝を忘れないで小さなことに気が付きたい。

私も先のことはわからないけど、
今一瞬は多分なんとかなる。

今を大切に大事に過ごしたいですね。


九州豪雨の被害の大きさに、
九州在住の友だちを思い出しています。
心配です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ