キツネくんを作っております☺︎
IMG_4040
最初はお座りのふんわりしたお顔立ちのつもりでしたのに…
この仔が主張し始め、
『僕は立ち上がるんだ!』
『服着るぜ。』
『イケメンにしろよ』
など、どんどんキツネくんに導かれ変化して…
ブーツも履いて、ちょっと生意気。
ノーパンのくせに♡

キツネ風味の別の動物みたいですが
生意気くんが可愛く思えてきています。
まだ細部は出来て無くて途中ですが
楽しく作っております。

家で作っていてちょっとわからなくなって、
雨でしたが散歩に連れ出し喫茶店で眺めてみました。

喫茶店は大好きな西荻窪のグレース。
紅茶とケーキの美味しい落ち着くお店です。
美味しいケーキの焼ける香りとかすかなクラシック音楽。
とても感じの良い店員さんがサーブしてくれて
居心地良いと味も増し増し。
1人でものんびりさせてくれる良いお店です。

最近些細なweb予約を身内からメールで頼まれたのですが
曖昧でザックリした依頼から
最適なものを選び出すと同時に
時間が午前なのか午後なのかとか細部に不明点が多く
文章に主語が無いので誰が何を?と
確認のやり取りするだけでかなりの時間を奪われ、消耗。
相手に分かるように伝える、というのは
国語力や文章力よりも心遣い、思いやりなんだろう。
細かく言わなくても
察して分かるでしょ?というのは奢り。
『良きに計らえ』って王様みたい。

身内でも確認しながらですもん。
他人なら尚更。
分かって当然というのは大げさに言えば傲慢。
相手のことを思いやる気持ちがあるのなら
伝わるように伝えなきゃ。

言葉や文章で羊毛フエルトのことを伝えるとき、
より相手に伝わるよう、
分からなさに寄り添う気持ちを一層持ちたいと
改めて気付かされました。

自分が分かってるから分からなさがわからないって
それはものすごく残念なこと。
今、言葉で伝える作業を試行錯誤しているところなのです。


私は羊毛フェルトが大好きで
この楽しさを人と分かち合いたい、
伝えたい!って強く強く思うので心掛けて
気をつけようと思ったのでした☺︎

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
⇧⇧⇧
クリックしていただけますとブログランキングがUPします。
ありがとうございます♪